私は最近キャッシングをするようになりました。お給料では買えないけれど、どうしても欲しいものができたのです。それは父へのプレゼントです。
父が昇進しました。そのために家でのお祝いをしたのです。
そして私からもささいなプレゼントをしたかったのです。でもお金がなくて、母に相談しました。
キャッシングなら借金にはなるけれど、頑張って返済すればいいからしてみればいいと言われました。
私はその言葉に押されてしてみる事にしました。でも仕方がわからずに電話で聞きながら操作しました。結構簡単にできたので良かったです。
父へのネクタイのプレゼントも、とても喜んでくれて本当に良かったです。私はキャッシングした事を後悔していません。でも返済は頑張るつもりです。
返済が終わるまでは、簡単には喜べません。だから是非これからも困った事があったら、キャッシングをしようと思います。欲しいものを先に手に入れて、あとから返済すればいいのです。
親に勧められてキャッシングしました。

テレビのCMや雑誌の広告等でカードローンの宣伝をよく見かけますが、その使い道についてどういうものがあるのでしょうか。
カードローンの使い道としてまず思いつくのは、急にお金が必要になった時に活用するという事でしょう。
例えば友人や職場の人に急に飲み会などに誘われたのに財布にまとまったお金がない場合や、どうしても欲しい商品がその場にあるのに手元にお金がない場合など、急にお金が必要になった時にカードローンを利用してお金を用意する事ができます。
また、カードローンは他のローン、例えば自動車ローンや教育ローンと異なって目的が制限されず、契約審査にも時間がかからないというメリットがあります。
自動車ローンや教育ローンなど目的が限定されたローンは利用目的を証明する事が必要ですし、それらのローンは審査に時間がかかることがあります。
そのため、すぐにお金が必要な時には不自由しますし、また利用目的を証明する事は非常に煩わしいことです。
これに対し、レディースローンは利用目的を証明する必要もなく、また契約審査も時間がかかる事はまずありません。
つまり、レディースローンは柔軟な使い方ができて、しかも急にお金が必要となった時に大きく力を発揮する事ができるのです。